家屋にねずみが住み着いた場合、どうすればいいの?毒が入った餌を仕掛けると、ネズミがそのエサを食べて家屋の中で死んでしまった時に腐敗してしまう場合があるって聞いたことがあるけど、本当なの?

そこで、ネズミが住み着いてしまった場合、どのように対処すべきかをまとめてみました。

ネズミが住みづらくなる環境を作ろう!

なぜ、ネズミは人の住む家に入り込むのか。

目的はもちろんエサ探しと住処を作ること。

小さなカラダですから、ちょっとの隙間を見つけたら入り込むのなんて簡単。

あとはエサを探して、巣作りの為に必要な材料を探して、いつの間にやらその家庭に住み着いてしまいさまざまな被害を及ぼすのです。

普段から食料などはきちんと収納することを心掛け巣作りに必要なビニール、紙類、衣類などをかじられないような場所に置いておくことが大事です。

エサさえなければ、ネズミは生きられずに死んでしまうのですから。

ネズミを追い出す(または捕まえる)為のアイテムはたくさんありますが、殺鼠剤と粘着トラップの使用を併せて実行すると効果は大きいようです。

ねずみ 対処 方法

やはり毒入りのエサだけだと、食べ続けなければ効果が出ないということ、警戒心強い動物なので、食べるまでに時間を要することなどが問題点として挙げられます。

また最初に記した通り、ネズミが毒入りのエサを食べたことにより人の手が届かぬ場所で死ぬケースがあることは十分に起こり得ることであり、処理が出来ないと腐敗したネズミから発生する虫や悪臭にまた悩まされてしまいます。

確実に捕らえることを考えるならば、粘着テープ等のトラップをあらゆる所に設置することが望ましいでしょう。

ネズミが出現した跡がある場所や、ネズミが通るであろう隙間、出入り口などに粘着テープを敷き詰め、あとはネズミが通過してトラップに引っかかるのを根気よく待つしかありません。

エサを仕掛けるにしても、粘着テープを仕掛けるにしても根負けしないよう気長に戦っていく必要があります。

1匹捕まえたからといって安心せず、その後の様子をみて対応していかねばなりません。

スポンサードリンク

まとめ

普段からネズミを入り込ませないような環境づくり。きちんと収納、綺麗に整理整頓。思っていても、ついついおろそかにしてしまいがちですよね。日頃からの心がけが必要なんだとしみじみ感じました。

スポンサードリンク