猫は捕食動物であり昔からネズミを捕食してきました。

海賊船では荷物をネズミの害から守るために猫を飼っていたそうです。

猫がネズミを追いかけまわす楽しいアニメがありますが。

実際に猫がネズミを食べることは良くあることです。

猫を飼っている人ならねずみを咥えた愛猫の姿を見た経験のある人も多いと思います。

しかし、そのネズミに寄生虫がいたら?可愛いペットがネズミを食べたら心配だと思います。

そこで私は寄生虫について調べて見ました。

エキノコックス症

エキノコックス症とは、エキノコックスという寄生虫が肝臓に寄生する事によって引き起こされる病気です。

自然界では野ネズミやキツネに寄生しています。エキノコックスの卵は肝臓の中で成長します。

肝臓、内臓が寄生虫に食い尽くされたねずみの写真は目もあてられません。

人間の場合、」感染してから症状が出るまで数年から10数年を要し。

肝臓障害をもたらします。

猫を飼っている人は要注意です。(参考北海道 エキノコックス症の感染と予防)

ネズミ 猫 寄生虫 食べる

トキソプラズマ症

単細胞生物であるトキソプラズマによりもたらされる病気です。

ねこの糞が含まれる土や砂などを経由して人の口に入り感染します。

ガーデニングの土も要注意ですね。トキソプラズマ症は健康体ならリンパ節の腫れや発熱、筋肉痛ぐらいの症状で済みますが、乳幼児、小児やお年寄りが感染すると中枢神経系障害や肺炎、心筋炎などの

重い症状が出ます。妊婦さんの場合は妊娠初期に感染した場合、

胎児の発達にも多大な影響があり深刻な状態の時には死産に至ることもあります。

他にも回虫も注意が必要です。

スポンサードリンク

まとめ

犬や猫を好きな人は多いです。そういう人達の中には、どこにでも尿糞をさせる人もいます。中には放し飼いにする人もいますがとんでもない話です。

ちいさなお子さんを育てている方は頻繁に公園に行きます。私が一番困ったのはまだ小さい子どもがフンを踏んだり、手で掴んだりすることでした。中には砂を口に入れてしまうお子さんもいました。

菌が口に入って病気になったら?公園に行くのが嫌になることもありました。飼い主はそこまで考えません。

又、犬や猫とキスしたりします。とても危険な行為です。

猫がネズミを食べてしまったら、即 病院へ行って下さい。

そして医師の診察を受け、指示に従って下さい。

大切な我が子と同じ位大切な小さな命を守れるのは飼い主である

あなたしかいません。病気にかからないように虫下しも適宜に飲ませてあげて下さい。

スポンサードリンク