ネズミの種類は家屋やビルに住む家ネズミ、山に住むヤマネがいます。

ネズミの中には大型のネズミ、ペットになるネズミがいます。

私はこの点について調べて見ました。

大型のネズミ

ヌートリア

大型のネズミにはヌートリアと呼ばれるカピパラに似たネズミがいます。

丈夫で育てやすく、柔らかく上質な皮が取れる為に第二次世界大戦後には飼育されていたこともあります。

ヌートリアの原産は南アメリカ、特定外来生物に関する法律では指定第一次指定種に分類されています。

体長は頭から尻尾まで合わせると1mにも及びかなり大型です。

特徴の一つのオレンジ色の前歯があります。

泳ぐのが得意で後ろ足には水かきがあります。好物は水生植物の葉や茎等。

明け方と夕方に活発に餌を求めて活動します。

一年を通して繁殖し、一年に2.3回出産します。

出産時には生理的に発達しており半年後には生殖活動が出来るようになります。

寿命は5~8年程度で家ネズミより寿命が長めです。

ラット

ラットは大型のネズミであり、ドブネズミもこの仲間に入ります。

ネズミ 種類 ペット 大型

ペットになるネズミについて

良く知られているのはキャラクターでお馴染みのハムちゃんことハムスターでしょう。

とても可愛らしく病原菌も他の家ネズミに比べて少ないのでペットとしては適していると言えるでしょう。

ハムスターには大まかに二つに分かれます。

ゴールデンハムスター

ハムスターの中では体が大き目です。

ドワーフハムスター

ジャンガリアン、キャンベル、ロボロフスキーの3種類あり

ゴールデンハムスターを含めた4種類をハムスターと呼び、飼育することが出来ます。

スポンサードリンク

まとめ

ペットになるのはやはりハムスターでしょう。ただしネズミであることには違いありません。徹底的にかごなどは掃除、除菌すること。

回し車で運動をさせること。野生のハムスターは何キロも走るそうです。私はあんなに運動して疲れないのだろうかと思っていましたが、あれぐらい運動しないといけないのでしょう。

しかしながら ネズミである以上、噛まれることは大変危険です。菌に感染しているかもしれません。普段から清潔にすること。健康状態を把握することが肝心です。

怖い病気にハムスターがかかっていて人間に感染しないとも限りません。人間が感染したら重症化する場合もあり危険です。変な鳴き方としているなど普段と違う様子が見られたら要注意、病院で診察を受けさせて下さいね。

 

スポンサードリンク