人家を走り回る家ネズミを罠(毒入りの餌など)で駆除することはできないのでしょうか?

そこで今回は、ネズミの好みの餌と捕獲方法について説明したいと思います。

家屋を徘徊する、家ネズミが好む餌は?

家屋で見られるのは、ハツカネズミ、クマネズミ、ドブネズミの3種です。

まず、それぞれの外見的な特徴について話します。

ハツカネズミは、体が小さく、耳が大きく、尻尾が長いです。

家庭で見られる、ネズミの中では最も小型のものです。

クマねずみは、耳が大きく、耳は折り返すと目を覆う位で尻尾が体長より長いのが特徴です。

毛色は背面が褐色で、腹面は黄褐色か白色のものが多く見られます。

ドブネズミは、耳が小さく肉厚で尻尾は体長より短く、体は大きいです。

家庭で見られる、ネズミの中で最も大きなものです。

毛色は背面が褐色をしており、腹面は白色が主です。

全身の体色が黒に変化した個体も多く見られます。

次に、食性の違いについて説明します。

ハツカネズミは雑食で、種子、穀物類を食べますが、昆虫なども食べたりします。

クマネズミは何でも食べますが、ハツカネズミよりも種子、穀物類の植物食を傾向がつよいです。

ドブネズミは雑食で、他の2種よりも動物食を好んで食べます。

ネズミ 罠 餌

家屋を走り回る、家ネズミを捕られる餌は?

ネズミは鼻が利くので、餌に毒を混ぜた方法では功を奏しません。

特に、クマネズミの殺鼠剤に対する警戒心は強いです。

例えて言うならば、味覚センサーのような鼻を生まれながらにして備えているも同じです。

古典的ですが、ネズミ捕りに好みの餌を入れて、罠にかかるのを待ちましょう。

さつまあげ、ソーセージ、さつまいも、パン、チーズなどをネズミ捕り器に仕掛けましょう。

ハツカネズミやクマネズミの場合は、ヒマワリの種や米粒などを使うといいでしょう。

スポンサードリンク

まとめ

家ネズミによって、食性に違いが見られることが分かりました。

幅広い食性が見られるのはハツカネズミ、植物食はクマネズミ、肉食はドブネズミです。

これらの違いを利用して、駆除したいネズミに応じたトラップを仕掛けましょう。

スポンサードリンク