夜中になると屋根裏でカサコソ音がして、落ち着いて眠れないことはありませんか?

ネズミの巣を簡単に探す方法はあるのでしょうか?

これをテーマにして、今回は進めていきたいと思います。

屋根裏に巣を作ったり、侵入したりするネズミの種類は?

3種の家ネズミのうちの2種は、屋根裏に忍び込む可能性があります。

クマネズミハツカネズミです。

クマネズミは、ドブネズミとは異なり身軽なので、高いところからも簡単に侵入してきます。

電線を綱渡りすることさえ可能で、屋根の排水パイプも軽々です。

屋根瓦の隙間から屋根裏に入ってくることもあります。

屋根裏や押入れの奥・天袋の中、壁の内側などに巣を作ります。

ハツカネズミは小さいため、他のネズミが入り込めないような場所にも侵入してきます。

また、他の2種に比べて乾燥にも強いことから、倉庫・物置に侵入する事例も多くみられます。

壁の割れ目・屋根の隙間から侵入したり、商店などのシャッターの隙間からも入ってきたりします。

人家では小さな隙間、ビル内の積み荷や屋外の積み藁・土中などに巣を作ります。

まれですが、海外からの荷物に紛れ込んでくることもあります。

ネズミ 巣 屋根裏 どこ 見つけ方

ネズミの巣はどこ?その見つけ方は?

家ネズミは種類によって巣を作る場所が異なります。

クマネズミは、屋根裏や押入れの奥・天袋の中、壁の内側などに巣を作ります。

ドブねずみは、冷蔵庫裏・食器棚の背面など、湿気を好むため、水回りに近いところに隠れています。

土の中などに穴を掘って営巣するので、人家にはエサを求めて侵入します。

人家では小さな隙間、ビル内の積み荷や屋外の積み藁・土中などに巣を作ります。

巣の近くではラットサインを見つけることができます。

汚れや油で通路が黒光りしていれば、ネズミの通り道である可能性が高いです。

ネズミの尿には蛍光物質が含まれているので、暗所でブラックライトを照らしてみましょう。

すると、新しい尿は青白く、古い尿は黄白に光り、通り道を探しやすくなります。

スポンサードリンク

まとめ

一口に家ネズミと言っても、種類によっていろんな特徴があることが分かりました。

ラットサインを見逃さないようにして、対策を練りましょう。

スポンサードリンク