日本では3種の家ネズミを見ることができます。

いったいどんな侵入経路を経て、家の中へ入ってくるのでしょう。

今回は、家ネズミの侵入ルートをテーマにして話していきたいと思います。

家ネズミはどんなところを侵入口にするの?どれくらいの大きさが必要なの?

日本でよく見かける家ネズミ、「ドブネズミ」、「クマネズミ」、「ハツカネズミ」について紹介していきます。

ネズミは、ほんのわずかな隙間からも家の中に侵入してきます。

侵入できる穴の大きさは、子どもなら1.5cm程度、成体でも2.5~3cm程度の広さがあれば充分です。

つまり、500円玉大の穴があれば、ネズミは家に侵入できることになります。

特にハツカネズミは体が小さく、他のネズミよりもずっと狭い隙間からも侵入してきます。

ドブネズミは家ネズミの中でも体が最も大きく、泳ぐことができるので水にも強い特徴があります。

ネズミ 侵入口 大きさ

ただし、高いところは苦手なので、マンションの高層階などに出現することはありません。

床下・家の基礎にできた隙間のほか、台所やトイレの排水口・配水管まわりからも侵入してきます。

クマネズミは、ドブネズミと異なり身軽なので、高いところからも簡単に侵入してきます。

電線を綱渡りすることさえ可能で、屋根の排水パイプも軽々です。

屋根瓦の隙間から屋根裏に入ってくることもあります。

いちばん広範囲な箇所から家に侵入してくるのがクマネズミです。

ハツカネズミは小さいため、他のネズミが入り込めないような場所にも侵入してきます。

また、他の2種に比べて乾燥にも強いことから、倉庫・物置に侵入する事例も多くみられます。

壁の割れ目・屋根の隙間から侵入したり、商店などのシャッターの隙間からも入ってきたりします。

まれですが、海外からの荷物に紛れ込んでくることもあります。

スポンサードリンク

まとめ

家ネズミは、それぞれ別々の侵入ルートがあることが分かりました。

ドブネズミは水回りから、クマネズミは高いところから、ハツカネズミはいろんな小さな隙間から。

ネズミも棲み分けを行って、種を維持してきたのだと改めて思いました。

 

スポンサードリンク