ネズミの絵を描いてと言われたら、尻尾とヒゲは誰でも描くと思います。

そんなネズミの特長を表している、毛に関する事柄について紹介していきます。

それぞれいったいどんな役割があるのでしょうか?

ネズミが長い尻尾をもつ3つの役割!

まず、平衡感覚を保つためです。

ネズミが歩いたり、走ったり、何かに登ったりするときにバランスをとっています。

サーカスの人が綱渡りをする際に、長い棒をもってバランスをとっているのと似ています。

次に、不測の事態に自分の身を守るためです。

木の上から落ちそうになった場合に、長い尾を巻き付けて自分の体を支え、自分の安全を確保できます。

最後に、尾を手のように使用するためです。

大きなエサなどを移動させるための手段として利用したりします。

これから述べることはすべての種において、あてはまることではありません。

赤むけの尾の場合は、血流を調節することで、体温の管理をしていると考えられています。

アレチネズミの仲間に見られる太い尾には、栄養を蓄える役割があると言われています。

ネズミ 尻尾 毛 長い 役割

ネズミが長いヒゲをもっている役割は?

ネズミは触覚と嗅覚がとても発達していて、壁などにヒゲを接触させながら移動しています。

ですから、慣れた場所なら触覚と嗅覚だけで、とてもアクティブな動きができるのです。

ネズミの生態研究をされている学者の実験から、次のことが分かりました。

眼球を摘出されたネズミは、触覚と嗅覚だけで普通に動き回ることができたそうです。

しかし、ヒゲを切断した実験では、うってかわってぎこちない動きになりました。

これらのことから、ネズミの行動には、視覚より触覚がとても重要な役割を担っていると言えます。

ルーティン行動をとったり、ラットサインが見られたり、通り道の隅を通ったりするのも納得できます。

スポンサードリンク

まとめ

ネズミが長い尾をもつ理由は、3つあることが分かりました。

バランスを保持したり、自分の身を守ったり、物をつかんだリ、といろんな側面があります。

長いヒゲをもつのは、周りに何があるかを感知するためでした。

犬や猫にも見られますが、まさかネズミにもあるとは意外で驚きました。

スポンサードリンク