あまり知られてはいませんが、ミッキーマウスのようなネズミをペットとして飼うことができます。

しかし、かなり高額で10万円くらいします。

そんなペットとして飼育できる、小さなネズミの魅力を今回は紹介していきたいと思います。

小さいペット!ミッキーマウスのようなネズミの正体とは?

野生の個体は、中国の内モンゴル自治区にあり不毛な大地が続く、ゴビ砂漠で生活しています。

日本の札幌市と緯度があまり変わりませんが、5月~9月にかけて最高気温は45度にもなります。

しかし、12月~3月は、砂漠の灼熱といったイメージとはかけ離れた寒風吹きすさむ厳冬の地となります。

特に1月の末から2月にかけて、最低気温がマイナス40度を割り込むことも珍しくありません。

そんな過酷な環境の中で暮らしているネズミの名前は、オオミミトビネズミと言います。

名前が示しているように、体の大きさの割に、耳の大きさが異常なくらい大きいのが特徴です。

尻尾は頭の1.3倍の長さがあると言われています。

ネズミ 小さい ペット

可愛らしいきれいな耳の形をしていることから砂漠のミッキーマウスとも呼ばれています。

体長は7㎝から9㎝くらい、尻尾は約2倍の16㎝前後です。

その長い尻尾に隠れた足にも秘密があり、4㎝から5㎝くらい跳びはねることができます。

体重は24㎏から38㎏と幅があり、昆虫を主に食べています。

門歯は薄くて、白色をしており、小臼歯は上あごの両側についています。

体毛は上の方は赤茶で光沢があり、下の方は白みを帯びています。

尻尾は、体毛と同じ色をしており、先の方は白色と黒色の毛を見ることができます。

スポンサードリンク

まとめ

砂漠のミッキーマウスと呼称される、オオミミトビネズミが暮らしているのはゴビ砂漠。

そこは高緯度にも関わらずとても暑く、冬なると極寒の寒さが襲う過酷な環境です。

ペットとして人気が出ると思われるのは、ピンと尖った可愛らしい耳です。

少しだけ値ははりますが、疲れたあなたの心を癒してくれることでしょう。

自分へのご褒美にいかがでしょう?

 

 

スポンサードリンク