人家に出入りするネズミは、大きく分けて3種類います。

一番簡単な見分け方は糞によって、どの種かを判断できます。

中には、庭に巣を作るものもいます。

今回はこの2つをテーマに話していきたいと思います。

ネズミの糞の見分け方は?

人家に出没するネズミは、ハツカネズミ、クマネズミ、ドブネズミの3種です。

左から右へ、体長の小さなものから大きなものへ並べて紹介しました。

体の大きさに比例して、糞の大きさもそれぞれ異なります。

ハツカネズミの糞は、小さく5㎜前後と言われています。

体が小さく、耳が大きく、尻尾が長い、家屋に出現する、ネズミの中では最小です。

クマネズミの糞は、細長い形をしており1㎝前後です。

天井裏から壁と壁の間を縦横無尽な行動でき、垂直的な動き得意なネズミです。

ドブネズミの糞は、太く1㎝を超すものがあります。

人家に現れる、ネズミの中では最も大型で獰猛な性質です。

行動エリアは床、床下を移動し、平面的な行動をとります。

ネズミ 庭 巣 糞 対策

庭に巣を作るネズミは?その対策は?

ドブネズは日本全国に生息していて、体長が22㎝~26㎝と大きいのが特徴です。

下水や河川などの湿気が多い場所に生息しており、あまり家屋には住み着かないとされています。

しかし、キッチンなどの水周りには巣を作る可能性があるので注意が必要です。

土に巣穴を作る習性があるため、庭に巣を作ったりすることも考えられます。

ドブネズミはカゴトラップで捕獲しやすいと言われています。

エサは動物性の食物を好みますから、ソーセージやちくわなどを利用しましょう。

他の2種に比べて獰猛な性質なため、咬まれないように注意することが必です。

ドブネズミ駆除に使用する毒は、ワルファリンなどの殺鼠剤が効くようです。

ちなみに、「窮鼠ネコを噛む」の窮鼠とはドブネズミのことを指しています。

スポンサードリンク

まとめ

ネズミは体長の大きさに従って、糞の大きさも異なることが分かりました。

庭に巣を作るドブネズミは凶暴なので、早めに駆除することをおすすめします。

スポンサードリンク