室内で出合いたくない生き物の1つとして、おそらく名前が挙がると思います。

それは、ねずみです。捕獲する際に適したエサはあるのでしょうか?

今回は、それをテーマにして話していきたいと思います。

家屋を徘徊する、ねずみが好むエサは?

家屋で見られるのは、ハツカねずみ、クマねずみ、ドブねずみの3種です。 

まず、それぞれの形態的特徴について説明します。

ハツカねずみは、体が小さく、耳が大きく、尻尾が長いです。

家庭で見る、ねずみの中では最も小型のものです。

クマねずみは、耳が大きく、耳は折り返すと目を覆う位で尻尾が体長より長いのが特徴です。

毛色は背面が褐色で、腹面は黄褐色か白色のものが多く見られます。

ドブねずみは、耳が小さく肉厚で尻尾は体長より短く、体は大きいです。

家庭で見られる、ねずみの中で最も大きなものです。

毛色は背面が褐色をしており、腹面は白色が主です。

全身の体色が黒に変化した個体も多く見られます。

次に、食性の違いについて説明します。

ハツカねずみは雑食で、種子、穀物類を食べますが、昆虫なども食べたりします。 

クマねずみは何でも食べますが、ハツカねずみよりも種子、穀物類の植物食を好む傾向にあります。 

ドブねずみは雑食で、他の2種よりも動物食を好んで食べます。

ねずみ 捕まえる エサ

家屋を走り回る、ねずみを捕まえるエサは?

ねずみは鼻が利くので、エサに毒を混ぜた方法では功を奏しません。

特に、クマねずみの殺鼠剤に対する警戒心は強いです。

例えて言うならば、味覚センサーのような鼻を生まれながらにして備えているも同じです。

古典的ですが、ネズミ捕りに好みのエサを入れて、罠にかかるのを待ちましょう。

さつまあげ、ソーセージ、さつまいも、パン、チーズなどをネズミ捕り器に仕掛けましょう。

スポンサードリンク

まとめ

家屋に出現するねずみの食の好みは、雑食という点で共通ですが、細かく見ると違いが見られます。

ネズミ捕り器に、好みのエサを置いて、ねずみがかかるのを待ちましょう。

好みのエサは、もったいない気もしますが、おつまみメニューを用意すれば簡単です。

スポンサードリンク