ネズミといえば、どんなネズミを思い浮かべるでしょうか。

ハツカネズミでしょうか、ドブネズミでしょうか。ハムスターのような外見をしたネズミから真っ黒で怖そうなネズミまで、いろいろなネズミが存在しています。

今回はこのネズミの種類について調べてみました。

何種類いるの?

世界では1400種類ほどいるようですが、日本に生息しているネズミは10属21種です。

ハタネズミ亜科7種とネズミ亜科14種に分けられています。

北海道から南西諸島にまで幅広く生息し、本州・四国・九州にかけては特に多くの種類を観察することができます。

森林・草地・山などで生活しています。

地域ごとにどんなネズミがいるのか調べてみました。

北海道のネズミ

エゾヤチネズミ、ムクゲネズミ、ミカドネズミ、カラフトアカネズミがいます。

このうちエゾヤチネズミは大量発生することがあり、畑の作物および作物の根をかじり、農林業に多大な被害を与えることがあります。

本州・四国・九州のネズミ

ハタネズミ、ヤチネズミ、スミスネズミ、アカネズミ、ヒメネズミ、カヤネズミ、ドブネズミ、クマネズミ、ナンヨウネズミ、ハツカネズミとさまざまなネズミがみられ、日本固有種のものが多いです。

カヤネズミは日本のネズミのなかで一番小さい種で、頭から胴の長さがわずか54~79mmと見つけるのもむずかしいほど小さな体をしています。

ドブネズミは有名ですね。

クマネズミ、ハツカネズミとともに家ネズミとよばれ、人の住む場所を生息地のひとつとしています。

ネズミ 野性 種類

南西諸島・小笠原諸島のネズミ

セスジネズミ、オキナワハツカネズミ、アマミトゲネズミ、トクノシマトゲネズミ、オキナワトゲネズミ、ケナガネズミがいます。比較的濃い体色のネズミが多いようです。

スポンサードリンク

まとめ

自然には、街中で見かけるもののほかにずいぶんたくさんのネズミがいるようです。ひとつひとつ違いを知るのも面白いですね。ちなみに、トガリネズミという名前の細長い顔をした動物もいます。名がネズミなので紛らわしいですが、ネズミではなく、モグラの仲間のようです。食虫類に分類され、昆虫を食べて生活しています。

スポンサードリンク